正直申し上げて…。

何と言っても、最高のモバイルWiFiルーターはWiMAX以外あり得ません。この他のWiFiルーターと比較しても回線速度は優れているし、何よりも料金が一番安いと言えます。
速度制限がないのはWiMAXのみというイメージをお持ちかもしれませんが、ワイモバイルにも通信方式の変更により、速度制限が行われることなく使い続けることができる「アドバンスモード」という名のプランがあるのです。
WiMAXのサービスが利用できるのか否かは、UQコミュニケーションズがインターネットに載せている「サービスエリアマップ」をチェックしたら判断可能です。境界線上だというような場合につきましては、「ピンポイントエリア判定」をやってみれば判断できるはずです。
現状ではWiMAXを提供しているプロバイダーは20社を超え、プロバイダー個々にキャンペーン戦略とか料金が異なります。当HPでは、おすすめできるプロバイダーを12社ご覧いただけますので、比較してみてください。
我が家の場合は、ネット回線を確保するためにWiMAXを利用しています。懸案の回線速度に関しましても、少しもイライラを感じる必要のない速さです。

モバイルWiFiを安く手に入れたいなら、月額料金や端末料金のみならず、初期費用であったりPointBackなどを個々に計算し、その合計した金額で比較して割安な機種を買えばいいのではないでしょうか?
WiMAXのギガ放題プランにつきましては、データ通信量が3日で3GBをオーバーしてしまうと速度制限が掛かりますが、その制限を喰らってもある程度の速さは維持されますから、速度制限を気に掛ける必要は全くありません。
WiMAXモバイルルーターにつきましては、複数の種類があるわけですが、1種類ごとに備えられている機能が全く違っています。ご覧のサイトでは、1つ1つのルーターの機能やスペックを比較することができます。
「WiMAXを一番お得に思う存分使用したいのだけど、どのプロバイダーと契約すべきなのかが分からない」とおっしゃる方に向けて、WiMAXを取り扱っているプロバイダーを比較したスペシャルサイトを制作しましたので、一度ご覧いただければ幸いです。
Yモバイルもしくはdocomoで見られる速度制限がなされますと、下り速度が128kbpsにまでダウンされますが、この速度にされると、画像や文章などのコンテンツが多いサイトのTOPページを表示させようとするだけで、20~30秒は費やされることになります。

WiMAX2+を、ネットを介して売っているプロバイダーの毎月毎月の料金(2年契約満了時迄のキャッシュバックも考慮したトータルコスト)を比較した結果を、安い方のプロバイダーから順番にランキング形式でご案内します。
某プロバイダーなんかは、キャッシュバックを4万円に届きそうな金額にしていますので、モバイルWiFi自体の月額料金が他のプロバイダーと比較して高額だとしても、「計算してみると決して高くない」ということがあり得るというわけです。
正直申し上げて、LTEが使用できるエリアは狭いと言わざるを得ませんが、エリア外ということでLTEが利用不可の時は、自然に3G通信に切り替わりますから、「圏外で使えない!」みたいなことはないと思ってもらって構いません。
自宅でも外にいる時でもインターネットに繋げることができるWiMAXですが、もっぱら自宅以外で利用することはないとお考えなら、WiMAXモバイルルーターなんかよりも通常のルーターの方が良いと考えています。
ワイモバイルのポケットWiFiが良いという評価を信じて、初めて使ってみましたが、今まで所有していた同様のサービスを展開している同業他社の物と対比しましても、通信クオリティーなどは全然変わりがないと感じたというのが本音です。